トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車(EV)を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あれこれ必要書類をかき集めることはしなくて大丈夫でしょう。

    実際の車売却時には名義変更手続きが伴うため、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの幾枚かの重要書類が必要になるのです。

    新たに転居したり結婚したことで姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、姓や住所の変更などがあった人は、なるべく早く必要な書類を準備しておくと滞りなく売却が出来るでしょう。

    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、売却は即決しても構わないという思いを前面に押し出すことです。

    暇つぶしに査定はしてもらうが売るのはもっと先になるだろうという人よりも、査定額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方がスタッフにとって心強いものです。

    直ぐに売りたい意志のある相手と分かれば、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    車を手放そうと決めたならば、なるべく早くやったことが良いこととして挙げられるのが、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。

    現時点での相場の価格を知っていればとても安い値段で取り引きさせられるリスクを随分と減らすことが出来るでしょうし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社にいち早く決めてしまうことも簡単ですね。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、これらのサイトから相場金額を把握することは容易いでしょう。

    実際に車を見て査定してもらう際に、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、業者に訪問査定に来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    中古車買取業者のほとんどが契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらって各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、高値で売却できるメリットがあります。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時はあらためて用意すべき書類等はないものの、売却する業者が決まって契約となると、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、姓の変更があった場合や現住所と書類の住所が一致しない場合は提出書類は増えます。

    売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければ必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    いくら売却したいと思っていても、査定のためにお店に突然車を乗り付けていくのは無茶としか言いようがありません。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、足元を見られることもあり得ます。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、その日のうちに契約締結も可能です。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば車を売ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    これらを総合的に見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自動車を売ろうか売らないか思案中の人は、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか充分に検討してみれば、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。

    9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    車が欲しいと思う人が増える時期にはつられて買取金額の相場もアップします。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。