トップページ > 東京都

    このページでは東京都で電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車の買取相場をリサーチして高額で買取をしてくれる東京都の業者に売りたい!」ということを思っているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    電気自動車を高く売るために外せないのが「東京都にあるいくつかの車買取専門店に査定をお願いする」ことです。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるので隙間時間でできます。東京都にある複数の車買取会社からの査定額を比べることができるので、電気自動車(EV)の買取価格の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社に電気自動車の買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、東京都でも対応していて無料です。

    「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが乗っている電気自動車の買取査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、5万キロ以上走っている電気自動車でも東京都で高く売却できる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1社からのみなので、電話対応に追われることもありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    電気自動車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの電気自動車の買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社だけで即決せずに、東京都に対応している複数社に査定してもらうことで数年落ちの電気自動車であっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、最高額を提示してくれた買取店にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10業者があなたが愛用した電気自動車を査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、東京都に対応している複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきた電気自動車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サービス。
    電気自動車の査定依頼だけでも楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    数年落ちの電気自動車を高額買取してもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している買取業者は約100社と他の一括査定サイトと比較すると少な目ですが、東京都にある最大10業者があなたの電気自動車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    車の買取を専門にする業者の中には特徴があって、軽自動車や事故車、輸入車などあるジャンル限定の車販売が得意だったり、または専門的に行っているところがあります。

    もし売却予定の車が軽だったら、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が多分買取額が高くなるはずです。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、通常の店舗よりも幾分査定額がアップされているので、判別することができるでしょう。

    先ず第一に、車の買取においては、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定スタンスが少々違ってきます。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても同様に査定額がつかないケースでも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ引き取ってもらう方法もあるので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、だいたい1万キロというのが相場です。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることも充分考えられるからです。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    事実を隠すという行動は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、バレたときには減額されたり、返金を求められます。

    それに契約書をよく読んでいくと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを引き出す秘訣は何だと思いますか。

    業者はせっかく来たからには契約を取り付けて帰りたいわけで、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まればその後の補修や清掃といった販売前のスケジュールが確定したも同然ですから、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉も比較的うまくいくわけです。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、車を個人同士で売買する方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    名義変更関連は、決められた日にちまでにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払って2回目以降はそのまま逃げられることもあり得ますので、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    自分が所有している車を買い取ってもらって、直後に売却金を受け取りたい場合には、売却金を即金対応してくれる業者を探しましょう。

    業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

    しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、足元を見られる結果となり、低めの査定額を出されるかも知れません。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、少しでも高く売りたいなら即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    軽自動車に関してはまた別で、自動車税は戻りません。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、買取店側が税金分を査定金額に上乗せしてくれるケースが多いでしょう。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。