トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    乗っている車を売ると心に決めたら、一番最初にすることは、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    相場が分かっていることによって異常に安値で売却させられる可能性を随分と減らすことが出来るでしょうし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗に即決することも可能になるというものです。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に車の買取店と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、軽々しくこちらから希望する査定額を提示しないことです。

    前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、そうでないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額の価格交渉を営業マンと行うつもりならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    査定の専門家には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、低い査定金額を付けられるのを嫌がって嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、嘘をついたことが原因でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが起きても何ら不思議はありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、中古車の価値を算定します。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点とひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    比重の大きなチェックポイントは、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、車の走行キロ数といったところです。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、修理歴を隠蔽したところでずっと隠し通せるものではないでしょう。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    中古車販売業者の多くは売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が低調ですので避けた方が無難です。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が立ち会う必要があるなどとする強制的なルールはないものの、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    酷い業者ばかりとは限りませんが、なかには家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で買取値を安く下げようとした例もあります。

    自分の所有する車を売ろうと思ったときの選択肢には3つあって、第一は自動車買取会社に売却すること、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    オークション出品の際には、これから売却する自動車の写真や内容の説明をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    その他の大切だと思ったことは書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    でも見積金額アップを狙って売却前に車検を通すことはあまり意味がありません。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

    そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    付け加えると、事前に車検を通してから売ることは無意味です。

    車検を通すのにかかる費用の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。