トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    普通にしていても勝手にできてしまう少々の傷やへこみ等は、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、気にしすぎる心配はないでしょう。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや充分に分かる程度のへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、それを回避するために自分で費用を出して直したとしても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    査定の専門家にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌で事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、口からでまかせを言ったことが災いして担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも考慮されますから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    中古車査定において、へこみやキズがある車は低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    でも、それを避けようとして前もって自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、修理に要した費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    自分で直そうとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、現物や店舗次第という感じです。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、マイナス評価が入ることもあります。

    趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、減点の対象となります。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    満足できる査定結果が得られ、車を売却しようという段階になったら所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは認め印で済むので印鑑証明書も要りません。

    査定に訪れた業者から高額査定を引き出す秘訣は何だと思いますか。

    業者はせっかく来たからには契約を取り付けて帰りたいわけで、こちらとしては然るべき金額であれば即決する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まれば中古車として販売する前の下準備の段取りがはっきりするので、お互いに金額交渉が円滑に進められます。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見ると却って目立ってしまうことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

    近年市販されている車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものが大部分です。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときにはプラスの査定が期待できます。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買い取りに出す前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークション出品の際には、これから売却する自動車の写真や内容の説明をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。

    その他の大切だと思ったことは書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。