トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    プロのスキルを持った中古車査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりに「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、ウソをついてしまったという事実があると査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起きても何ら不思議はありませんから、話しにくいことでも正直に隠さずに伝えた方が良いということがお分かりでしょうか。

    故障や事故で修理をした車の履歴は、万が一隠して買取査定に持って行っても一瞬で分かってしまうものです。

    軽い損傷程度で済んでいて、それに相応しい修理が実施されているならば修理車とはならないケースもあるので、素直に話すことも重要でしょう。

    もし多くの買取業者で同じように買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    一般論を言うと、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、望んでもくれない場合が大半です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会、通称JAAIにその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、無料で査定してくれるわけではありません。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    ほんのわずかな手間で売却予定の車の市場価値を知ることができるネットの一括査定サービスというのは、うまく使うと本当に便利なものですが、欠点としては申し込み直後から営業電話がどんどんかかってくることがあります。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと仕事に支障がでかねないので、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。

    時間や都合を無視してまで電話をかけてくる業者は、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが諦めてもらえます。

    品物がないのですから当然です。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    一般的に年度末で決算でもある3月や夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    業者の意図としては売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのはどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば車を売ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    これらを総合的に見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自動車を売ろうか売らないか思案中の人は、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか充分に検討してみれば、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。

    9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    車が欲しいと思う人が増える時期にはつられて買取金額の相場もアップします。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。