トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車(EV)を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車の査定を依頼するときには、ひとつの店舗だけではなくて沢山の業者に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、より高値で中古車を売却するコツと言えるでしょう。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、みんなで見積額を競争するようにしてしまうのも自分にとってかなり有利にはたらきますね。

    価格競争させるのはマナー違反ではなくて結構良くあることですから、特に心配する必要などないのです。

    それから、実際の契約に際しては売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    売却希望の車が今どれくらいで買取して貰えるかを知ろうと考えたときに、インターネットを通して車の一括査定サイトを使って知る手段もありますが、売却希望の車のメーカーサイトで査定金額の参考値を調べることができます。

    自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括サイトを使って査定したときのように勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    これから売却しようと考えている車に全く馬鹿にしているような査定金額を店舗側から提示された場合、売らないと突っぱねることもできます。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも訪問査定をしてくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから見落とす査定士もいるかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、現物や店舗次第という感じです。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのならプラス評価になる場合もあります。

    けれども後付けパーツですから本体とは劣化の仕方も違い、状態が悪ければ外す必要があるので、減点は避けられません。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで車の買取査定を行うのが普通です。

    ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、車の走行キロ数といったところです。

    専門家は多数の車を見てきていますし、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、間接的ではありますが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    扱いが粗雑なオーナーよりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積金額アップは望めなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車検が終了した直後に車を手放すことはあまり意味がありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、通常の普通自動車を買取に出したりしないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、自動車税は戻りません。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。