トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車(EV)を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    販売店のスタッフの話を鼻から信じ込んでしまうと、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

    売却の前に自分の車の査定相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前調査の価格よりも低く提示された場合に自分から交渉する心構えをしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。

    他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、この際にやたらと高い金額を表示してくる会社はもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから注意してかかってくださいね。

    原則的に、車査定において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということの証明になると言って良いでしょう。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと業者の査定ではマイナスとなります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったことをここで書くつもりはありません。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    買い替えで下取りということになれば次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

    しかしながらディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    どうしても車が必要であれば、査定士を派遣してもらう以前に電話などで必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    うっかりしていると業者次第で取扱いの有無は変わるので先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないよう必ずしておくことといえば、そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに値段、手数料といった金額に関連した文言はしっかり目を通す必要があります。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからサインしてください。

    近年市販されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが大部分です。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときにはプラスの査定が期待できます。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。

    いままで乗っていた車を売るためによくある一括査定サイトなどに登録すると、出張査定の約束を取り付けようとする営業電話が殺到するのが普通です。

    そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、電話連絡なしでメールのみの設定ができるところで登録することをおすすめします。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。

    それなら最初からメールのみにしておけば、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、中古車買取店ではなくて個人に売るというのもひとつの方法です。

    売買の間に業者が介入しない分だけ、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売り買いすることができます。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるのでとても面倒ですし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにすると後からトラブルにならなくて済むようになるでしょう。