トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    車を手放そうと決めたならば、まずはじめにしなければいけないことは、その車の現時点での相場の概算を知っておくことですね。

    相場が判明していれば異常に安値で売却させられる可能性をグッと低下させることができますし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    一般的には、走行距離が伸びるにしたがって、その車の査定額というのは下がってしまうものです。

    総走行距離数が5万km以上の車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には過走行車という扱いを受け、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう主となる要因には何点かあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、事故歴や故障歴があって修理したことのある車です。

    ものによっては査定金額が付かないところまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようとその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    修理歴等を偽って深刻する行為は査定担当者に不信感を持たせますし、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律的には告知義務違反となり、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が同席しなければいけないといった強制的なルールはないものの、当事者の一方がいないことで発生するトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    悪質と決めてかかるのはいけませんが、ひどいのに当たると、車のことがわかる人がいないのに乗じて自分で傷を捏造して安く買い叩く業者もいるそうです。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも実車査定に応じてくれるものです。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

    けれども、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税を支払う可能性もあります。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明点は確定申告のときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    もうすでに自動車を売ってしまっているのに、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば自分の方が非難されるべきですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば非難される覚えはないのです。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が古い車の場合年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    愛車を売ろうという場合にはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。