トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車(EV)を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    自分の車を高値で売却するために車の買取専門業者と金額交渉の際に肝心なのは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    前もって査定相場の金額を確認しているのならまだ良いのですが、そうでないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、このようなときには絶対損をします。

    見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときの要注意項目として、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、平均的な金額よりもずば抜けて高値を出している業者がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    その店での買取が決まったとき、買取が成立してしまった後でさまざまな理由を後付けされて買取金額が査定金額よりも随分低い値段になる可能性もあるのです。

    自分が所有している車のおおよその査定相場を知ろうと考えたときに、ネットを介して車の一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、自動車メーカーのHP上で査定金額の参考値を調べることができます。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、一括査定サイトを活用した場合のような一気に複数の業者から営業電話がしつこく掛かってくるリスクは回避できます。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、雨の日や曇天なども薄暗いので噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    この時に根拠になるのが日本自動車査定協会の有するデータで、保険会社はそれを参照して価格を割り出します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

    ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

    簡単ですし新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると買値は安くなりがちです。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、一社でなく複数に査定してもらえるため、買値アップが期待できます。

    どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

    同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    本来提出すべき書類に加えて、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    勿論、車検が切れてしまっている車より残りがある方が高く評価して貰えます。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければ査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    自動車を所有しているということは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、さらには自動車保険代金も必要ですね。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自動車を売ろうか売らないか思案中の人は、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかじっくりと考えてみると、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。