トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    自分が所持している車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を業者側から提示されたときには、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    一番最初の見積金額では売れないと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使う際の注意点として、最高値で見積もってくれた店舗と取り引きするのが最善策ではないかもしれない点があります。

    複数の業者の買取査定金額を比べた際、極端に相場よりも高値の査定額を付けてくる会社が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    そこで取り引きを実行すると決まったときには、売買契約を取り交わした後から何だかんだと言われて査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは中には嫌がる人もいますので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場により常に流動的なものですから、その流行のタイミングによっては一定のカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしてはこれからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行って現物査定を受けるつもりであれば、待つことさえ厭わなければ急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

    ただ、飛び込み査定のときはまったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    仮に相場を無視した大幅な安値で売却するなどという可能性も否めません。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方が満足のいく結果が出しやすいです。

    実際に車を見て査定してもらう際に、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、業者に訪問査定に来てもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    中古車買取業者のほとんどが無償で出張査定を行っています。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらって競合見積りさせることも可能です。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、高値で売却できるメリットがあります。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    当然ですが車検切れの車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではほぼ査定額に影響を与えません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロが見ると却って目立ってしまうことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    あまり目立たないようなごく薄い傷は、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には無理矢理に修復しようと試みずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、中古車を通常よりも高値で売りやすいタイミングはあるのです。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが高値で取り引きできるであろう時期とかなり離れていた場合に、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。