トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して査定したい車の現在価格を見積もってもらえるのが中古車一括査定サイトを使う利点となるでしょう。

    連絡先や査定したい車の情報を記載すれば時間もかからずに査定価格が複数の業者から寄せられて、その時点での売却予定車の相場の概要が把握できるのです。

    名前などが知られてしまうのが不安な人は、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、ほとんどの会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、見積金額を教えてくれます。

    こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、一緒に査定した業者間で価格競争が行われますから最終的な査定金額が高くなることが期待できます。

    普通は、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、有料での査定になっています。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、査定前に洗車していようと、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    といっても、利点がないわけではありません。

    査定時に車がきれいだと、大事に乗っていたのだろうと思われますし、チェック項目に沿った査定とはいえ評価を入力するのは人ですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が多く、全体に占める割合も増えています。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、冷静な第三者に相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、売却後に業者のほうで別のタイヤに交換してから売るのがほとんどだからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はないわけではありませんが、非常に僅かなものです。

    せっかく交換しても逆に損するケースがほとんどです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども要件さえ整えば売却できます。

    本来提出すべき書類に加えて、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合は手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

    たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除などを通達してくる事があるのです。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば非難される覚えはないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると相談することが最善でしょう。