トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車(EV)を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    しかも、全国対応で使うのはタダ。

    「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。
    電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    現在所有している車を手放そうというときに最善の方法のひとつに、ネットを利用した一括査定サイトで査定してもらうことが効果的な選択です。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても高値で取り引きしてくれる会社を調べ上げることが出来るのが良いところです。

    しかも、更にその車の価値が概ね今のところどの程度なのかを一瞬にして知ることが可能です。

    何も中古車買取査定の場合だけに限ったことではなくて、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、絶対否定的な意見というものがあります。

    何個かの否定的なレビューを見付けたとしても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと結局何も出来ないままになるのではないでしょうか。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、まずは一歩を踏み出して無料査定を申し込んでみて、査定したときに受けた自分のイメージを大切にしていく方がベストな方法です。

    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、隠して買取査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    軽微な損傷であって、適切な修復がされているようならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    もし多くの買取業者で同じように査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は特に用意するものはありませんが、業者が決まって売却するにあたっては、複数の書類が必要になります。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、転居で住所地の確認が必要なときは別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    車を売る気持ちが固まったらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば査定時直前になって慌てなくて済みますしより良い値段をつけてもらえることも多いです。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。

    査定では純正のほうが加点評価してもらえるからです。

    また、スピーディーな売却を求めるのでしたら、事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも無料で出張査定に来てくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから見落とす査定士もいるかもしれません。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトを使うと、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。

    「実査定」のときに自分で価格交渉をするならば事前に知識を得ておくことはとても大切ですね。

    それとは逆に、売ることは考えていないけれども相場だけ知りたい時に中古車一括査定サイトを活用すると結構面倒なことになります。

    中古車の無料一括査定サイトを使うと、その直後から勧誘の電話が急にたくさん鳴り出してしまうのです。

    本当に売るつもりがない場合、電話攻勢は面倒なだけでストレスをためる結果になるでしょう。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、直接的ではありませんが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    そうは言っても、「私は車を大事に扱っています」ということを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    扱いが粗雑なオーナーよりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    所有者が自分名義でない車でも売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    本来提出すべき書類に加えて、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    しかし所有者が既に亡くなっている際は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、かなり手間がかかると考えて間違いありません。