トップページ

    このサイトでは電気自動車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「電気自動車買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は、以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。電気自動車を高く売るために大切なことは、「複数の買取業者に電気自動車の査定してもらうこと」です。「1社のみに買取査定をお願いする」や「近くのディーラーで下取りをしてもらう」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。このサイトで紹介しているおすすめの車査定一括サービスを利用すれば2~3分で入力が終わりますし、同時に複数社からの買取見積もり価格を比較することができます。あなたの電気自動車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心感が違います。提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社まで電気自動車の買取査定が可能です。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。しかも、全国対応で使うのはタダ。「電気自動車をできるだけ高く売りたいから買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」ということならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている電気自動車の買取相場が表示される上に、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数年落ちの電気自動車でも高額買取してくれる車買取業者が見つかります。一般的な車査定一括サービスであれば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の対応で大変な思いをすることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。電気自動車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札して買取価格を提示するという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「今自分が乗っている電気自動車の買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで電気自動車の高額買取が実現します。約10社の買取業者が電気自動車の査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた電気自動車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。提携企業は約200社以上、最大10社があなたの電気自動車の査定額を提示します。1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用した電気自動車を1円でも高く売りましょう。累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、サポートチームも充実しているので安心して利用することができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取一括査定サービス。電気自動車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントをもらうことができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。長年愛用した電気自動車を高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で約10社があなたの電気自動車の高額査定をしてくれます。楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が複数提示されているので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大雑把に分類すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車の内部の臭いや汚れの有無、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    所有する車を買取に出そうと思案したときにお勧めしたいのが、インターネット上の車一括査定サイトで見積もりを出す事が選択肢としては有効です。

    複数の業者の見積もりを一度に比較検討出来ますから、あっちこっちの店舗に出向いて査定してもらわなくてもその中で最も高い金額を示してくれる会社を選び取ることが可能なのは勿論ですが、その上所有する車の資産価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    先ず第一に、車の買取においては、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、車を躊躇せずに買い取っていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    店側は売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    ですから査定金額も自然と上向きになります。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、自分で買取業者を探して売る場合は、日数があくこともあるわけです。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、業者に査定依頼する際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    代車ありを謳っている業者でも店によってはそういった手配はしていないところもあるのでしっかり確認しておかなければ後でとんだ出費を強いられます。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを得るためにはそれなりの努力が必要です。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    金額の折り合いがつけばすぐにでも契約する姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、引取後の販売日程が明確になりますから、買取金額アップを持ちかけても成功する確率が高まります。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    更に、定番カラーでもあるシルバーは車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    売却予定の車の現物査定は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ訪問査定は金額的に良い結果が出やすいので売る側にとってはありがたいサービスといえるでしょう。

    この出張査定をうまく利用すると、多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり契約を巡る価格競争の結果、売却価格がアップするわけです。